FC2ブログ

記事一覧

内田裕也さんの死、不動産バブル崩壊前夜?と地価公示と

内田裕也さんが亡くなりました
ロックンローラーとしての紹介が多いですが彼の歌はほとんど知りません
世代的にちょっと上だったというのと、彼自身のヒット曲がほとんど無かったからかも知れません

しかし映画俳優としての彼は鮮烈に覚えています
作品タイトルは忘れました

一つがニューヨークマンハッタンのイーストリバーだったかハドソン川だったかを泳ぐシーンのある映画
もう一つが駅員で、当時は切符は今のように自動改札ではなくて改札には駅員がずらりと並び切符にハサミを入れていました
その当時の駅員さんは乗降客がいなくてもハサミをリズミカルに音を立てていたのですが、それを映画で実演してました

今では大御所扱いのビートたけしが端役で出ていたように記憶しています

今年もいろんな方が亡くなっていくんでしょう
昨年だとここにも書いた森田童子さんの死が個人的に一番堪えました
過去だと作家の北杜夫さん、阿川弘之さん、ミュージシャンだと天野滋さん、はしだのりひこさんの死が辛いものでした

今年もいろんな人が、そう書いていて 『でも自分自身に順番が回ってくる可能性だってあるよな』
と感じました
『同級生のあいつが死んだ』、そんな話を毎年耳にするようになってしまいました




今週の週刊東洋経済は『不動産バブル崩壊前夜』、という特集です
今年から定期購読しているのでじっくり読みました

理由として3つ位考えられます
1つ目が日銀の規制
一昨年辺りから収益物件への過剰な貸付は慎むように、そんな通達で金融機関の多くは新規貸出に躊躇するようになりました

2つ目がスルガ銀行問題
これは報道されている通りで通帳の改竄までしての貸付は悪質な犯罪行為です
弊社や弊社の顧客で被害者は出ませんでしたが、スルガ銀行の度を越した貸付姿勢は訝しく感じていました

3つ目がレオパレス問題
現在進行形で毎日のようにニュースで報じられています

レオパレスは私が不動産駆け出しの頃にミヤマという会社名でした
創業社長の苗字ですね
・木造だけれど外見は木造らしくない
・保証金(敷金)、礼金が不要 (でも家賃が1割ほど高い)
・ロフトがありベッド代わりになり便利

そんな今までに無いコンセプト集合住宅で飛躍しました
それが今回の不祥事により会社は存続自体が報道となっていて、今後の動きに目が離せません


別のニュースとして地価公示が発表されました
報道では東洋経済の不動産バブル崩壊か?、とは正反対の動きです
そして今回は今までと少し異なるニュースになってます

ここ数年の地価は大都市とごく一部のリゾート地だけが上昇していました
それが地方の県庁所在地や中核市にも僅かですが上昇していると
秋田なんて人口減少筆頭県でしたがNHKニュースにもなっています

とは言っても今回の発表でも依然として下落している地方が多い
このずっと下落し続けている地方は更に衰退に拍車がかかりそうです
鐘や太鼓でUターンだIターンだ、地方に住もうだ、とは言ってもなかなか

そんな中で先日の経済番組がっちりマンデーで和歌山県の白浜町ではIT企業に特化した街造りが奏功して外資系企業も来ていると紹介されていました
一方で大阪府の泉佐野市のようにふるさと納税でやんちゃな事をやる自治体もあります

これからは地方というより、自治体の立ち回り方の上手さでその自治体が栄えもするし衰退もしていく
そんな時代になってきたんだなと感じています


文責   あいじょう不動産   たかぎ
































プロフィール

 7584の不動産屋さん

Author: 7584の不動産屋さん
売買や賃貸など7584(名古屋市)の不動産屋さんが綴る実践に役立つあれこれです


不動産とそれに関係することを週に1回程度で書いていきます

画像の車(いすゞ117クーペ)で物件調査しています

最新コメント