FC2ブログ

記事一覧

緊急事態宣言とその過ごし方

『ついに』なのか、『やっと』なのかは将来判明するでしょうが、コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が発令されました
とは言え、欧米のそれに比べて緩やかなもので、通勤や散歩、飲食店の利用までは制限されていません
そして強制や命令では無くてあくまで要請であり、罰金や逮捕等の罰則も無いところが日本のポイントです

愛知県はこの対象とはなりませんでしたが大村知事からの国への要請が出されております
そして愛知県独自の緊急事態宣言
3月には北海道に次いで感染者が多く、死者は一番多かった(いま時点での死者数は東京都の次)なのになぜ国は愛知県に緊急事態宣言を出さないのか?
そんな声も多く上がっています

これも一種の名古屋飛ばしと揶揄するもの
大村知事と中央政府との確執と、もっともらしく今までの経緯を説明するもの
どちらも間違いだと思います
国家の緊急時にそんな軽い内容で判断される事はありません

やはり感染経路がある程度判明できていて追跡調査が行われている
爆発的に感染者数が増えていない
こんな所が国の判断基準の分水嶺だったかと思っています
今後発表される愛知県+名古屋市での感染者数が一日で30人を超えて来ると政府も発令するんでしょう

独自の緊急事態宣言が出たとはいえ、ここから油断は禁物です
緊急事態宣言発令地域から実家の愛知県に避難してきたり、更には縁故を頼って疎開してきたりすると感染者が大きく増加する事態にも成りかねないと思われます
なので愛知県独自の緊急事態宣言もやむを得ないのでしょう




こんなご時世だから家に居る時間が長くなります
仕方のない事です

テレビやゲームの時間が増えるでしょう
そしてこんなご時世だからこそ、息抜きのお笑いが必要です
学校が休みで子供がじっとしていないのならば、追悼も込めて志村けんさんの8時だョ!全員集合や加トちゃんケンちゃんごきげんテレビなどの再放送を放送局は行ってはどうでしょうか?

またデジタル社会の今だからこそアナログの読書に親しむのも語彙が増え、表現する力が蓄積され、それは自分の人生や仕事にも大きく役立つ事と思います

また意欲のある方は資格試験にチャレンジ、その勉強時間に当てるというのも漫然と家でのんべんだらり過ごすより役に立つと思います
例えば宅建、正式には宅地建物取引士試験
試験は年一回の秋、10月です

宅建は今では受験資格はありません
小学生でも中卒でも受けられます
そして3ヶ月しっかり勉強すればゼロからでも受かる、そう言われています

参考になると思うので自分自身の恥ずかしい例を出すと
賃貸営業時代、私は宅建の試験に10回以上連続して落ち続けました
勉強しなかった訳ではありません

参考書を読みそれなりにやっていました
では何故落ち続けたか?

それは真剣味が無かった事に尽きます
『数字を上げていれば資格なんて』
そう、うそぶいて賃貸営業をやっていました

結果おざなりな勉強で夏くらいに勉強を始めても毎日行わず、試験の数日前に泥縄式で行う
そりゃ落ちて当然です
一度かなり難易度が高く25点が合格点だった平成2年(ある問題が間違っていて1点が加算されて26点となってます)も1点足りませんでした

賃貸から分譲の世界へ移って
『宅建も持ってないの?』
そんな空気感がある世界だったので、そこでようやく一念発起
4月の下旬から毎日最低1時間、夏からはしっかり3時間勉強そして問題集をやったら通りました

司法試験や会計士の試験と異なり300時間勉強すれば通るのが宅建試験です
なにかのご縁ででたまたまこれを読まれた方で宅建を持ってない方
これを機会にチャレンジしてみたらいかがでしょうか?
宅建は他の数多の資格と異なり、収入に結びつきやすい資格で、その点でもオススメです


文責    あいじょう不動産  たかぎ


















































































プロフィール

 7584の不動産屋さん

Author: 7584の不動産屋さん
売買や賃貸など7584(名古屋市)の不動産屋さんが綴る実践に役立つあれこれです


不動産とそれに関係することを週に1回程度で書いていきます

画像の車(いすゞ117クーペ)で物件調査しています

最新コメント